レッカーの種類

それでは次に、レッカー車の種類について紹介します。レッカー車にはまずサイズによる種類の違いがあります。いわゆる一般乗用車に対応するためのサイズのレッカー車のほか、大型車両を運ぶためのレッカー車、土木作業用のレッカー車などがあります。大きさによって利用料金にも違いがある場合が多いため、必要最低限のサイズのレッカーを依頼するのが最も金銭効率に優れた方法となります。

また、レッカー車のメーカーによる違いもあります。トラックを販売しているタイプの自動車メーカーの場合、このレッカー車についても扱っていることが多いでしょう。例えば一例として、日産のアトラス、いすゞのエルフ、日野自動車のデュトロ、トヨタのダイナ、三菱ふそうのファイターなどがあります。規格にも違いがあるため、どのタイプのレッカーが適しているのかを知っておくと良いでしょう。

ただし、レッカーの派遣をロードサービスに依頼する場合、細かく車両を指定する必要まではありません。というよりはできない場合が多いでしょう。レッキングが必要な車両の種類を伝えれば、それに適したレッカーが派遣されるようになっている場合が多いため、特別な知識がなければ利用できないものではありません。