大型レッカーを使う

ガス欠やエンジントラブル、あるいは車体自体の問題などによって車が立ち往生してしまうということはありえないことではありません。もしそうなってしまった場合、場所によっては非常に困ったことになります。押して帰ったり、修理できる場所まで運ぶということは現実的ではありません。それでは、もしそのような状態になってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。

利用できる方法の1つとして、レッカーを呼ぶというものがあります。レッカー車であれば車の運搬を代行してもらうことができるため、簡単に問題を解決できる場合が多くあります。ただし、このレッカー車を利用する場合、大きく2つの問題があります。

1つ目の問題となるのが、車種です。運転しているのが自家用車であればそれほど問題にはなりませんが、もしトラックのような大型車である場合、通常のレッカーでは運ぶことができない場合が多くあります。その場合には大型レッカーを手配する必要があるため、利用できるかどうかを別途確認しておく必要が出てきます。

もう1つの問題は料金です。当然ですが、レッカー移動してもらうためにはお金が必要となります。この料金がどの程度のものになるのかについても把握しておく必要があるでしょう。それではこの先ではレッカーを利用する場合のポイントについてより具体的に紹介します。料金の変化するポイントや、利用できるレッカーの種類、ロードサービスなどについて触れます。